2017/12/30 11:00

臨機応変に「下座」を「上座」に、知って得するおもてなしの心得

 
「お客さまをお迎えする作法に、『絶対こうしなければいけない』というものはありません。大切なのは、そのお客さまに合わせることなんです」
 
こう話すのは、著書に『日本人のおもてなし練習帖』(秀和システム)などがある日本おもてなしコンシェルジュ協会名誉理事の松平洋史子さん。来客が多い時期でもある年末年始。松平さんは、来客時に知っておきたい「おもてなしの心構え」についてこう続ける。
 
「お客さまをお迎えするうえで重要なのは準備です。何事も、時間に余裕を持つことが大事です。できれば、来客2時間前から玄関、トイレ、部屋の掃除を。1時間前には茶器、お菓子、差し替え用の茶器などの準備をし、30分前には着替え、お化粧や髪を整え、アクセサリーなどを身につけておきましょう」(松平さん・以下同)
 
そして客を通すのは、景色が見えるように、庭や外が見える部屋がいいという。なお、和室でも洋室でも、「上座」「下座」の順位は同じになる。
 
「入口から遠いほうが上座、ドアに近いほうが下座です。しかし 窓からの景色が好き という方が来られたら、いちばんきれいに見える場所が上座としてもいいんです。足の不自由な方の場合はドアに近いところにご案内するほうが親切ですし、お客さまが好きなところに座ってしまったら、そこを上座としてお席づくりを進めましょう」
 
たとえば、客が入口にいちばん近いところに座ったとしよう。そんなときは、そこを上座に見立てて、自分は本来上座となる場所に座る。「上座・下座」の概念は柔軟に変えることができるのだ。
 
「お客さまの立場に立って、臨機応変に対応できるのが『おもてなし』の心です。大事なのは、自分の心に余裕を持つこと。そのために十分な準備でお迎えしてください」
 
ところで、差し出された土産などをテーブルの上に置くのはNGだそう。
 
「できれば、サイドテーブルを用意し、そこに置きましょう。ない場合は、お客さまからいちばん遠いところに置きたいものです」
 
相手に気持ちよく過ごしてもらおうという心がけが、自分にとってもよい年末年始を過ごすカギなのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >