2018/01/10 16:00

専門家が警鐘!“汚部屋”“ホテル部屋”は貧乏神が住みつく!

 
「部屋と住人の豊かさには、密接な関係があります。汚部屋に住んでいて、お金に困っていた方が、部屋を整えたことで人生が好転していくケースは多々ありました。たとえ今はお金がなくても、その法則を知って習慣づければ、自然とお金を引き寄せる人生になっていきますよ!」
 
そう話すのは、片づけの悩みを心理的な側面から解決する、空間心理カウンセラーの伊藤勇司さん。学生時代の引っ越しアルバイトがきっかけで、部屋と住人の心理の関係に注目するように。11月には『座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋』(WAVE出版)を出版した。
 
「今まで8,000人以上の部屋を見てきましたが、実はお金がたまる人の家には、一定の法則があるんです」(伊藤さん・以下同)
 
お金がたまる人の家には、次の4つの法則があると伊藤さんはいう。
 
【1】玄関・床・窓がピカピカ
【2】見えないところまで手入れしている
【3】流行に流されて買ったものがない
【4】大黒柱である夫のスペースが整えられている
 
そして、伊藤さんは「貧乏神が住みつく」部屋の共通点をこう語る。
 
「お金に困っている人の部屋に共通するのは、『臭い』『湿気が多い』『人のぬくもりがない』こと。部屋の中が暗かったり、窓が閉めっぱなしで換気されておらず、湿気やホコリがたまっています。また、部屋の中に一貫性のないモノが雑多に置かれているなど、 人のぬくもり が感じられない。事情を聞くと、部屋を片づけなくなったころから人間関係や経済面で問題を抱えるようになった人が多いのです」
 
次のような部屋も要注意だという。
 
「奇麗好きな人にありがちなのですが、ビジネスホテルのように無味乾燥な部屋には、注意が必要です。その人の個性が部屋に出ていない場合は、経済的に潤っていても一過性のものだったり、人間関係などに別の悩みを抱えている場合があるからです。富を維持するには、その人なりの個性が表現された部屋であることが大切です。それはつまり、世間的に考えられている『奇麗な部屋』ではなく、住んでいる人が帰りたくなる部屋、愛着を持って住んでいるんだな、と感じられる部屋であるかどうか、ということです」
 
部屋を片づけることも大切だが、部屋を彩ることも必要不可欠とのこと。「貧乏神が住みつく」部屋の共通点が1つでもあれば、すぐに改善しよう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >