2018/01/17 16:00

ふるさと納税“豪華返礼品”の狙い目はコレ!1月~6月決定版

(大阪府泉佐野市「黒毛和牛 衝撃の切落し1.75kg」)
 
故郷や応援したい地方に寄付ができるふるさと納税は、実質自己負担2,000円で税金対策になり、返礼品をもらえるとあって活用しないと損! とはいえ、'17年4月に総務省が豪華な返礼品を控えるよう お達し を出したことで、返礼品の還元率が寄付額の3割以下に制限され、パソコンや自転車などの高額商品、金銭類似性が高い商品券やプリペイドカードなどがNGに。
 
「確かに一部で変更はありましたが、より使いやすく、魅力は依然高まっています。昨年4月から大きく変わったのは、自治体側が税金の使い道をより明確にするようになったこと。返礼品もこれまでのようにお得感だけでなく、地域の魅力をアピールするものを増やしたり、寄付者目線になっていたりするんです」
 
そう教えてくれたのは、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画運営するトラストバンクの宗形深さんと田中絵里香さん。'08年4月にふるさと納税がスタートして、ちょうど10年。
 
返礼品の還元率が3割以下に制限されてから、 お得感 が減ったかといえば、実はそうでもないらしい。その地域では安くても、都会では手に入れにくかったり、高くついたりするものは送料を考えても、ネットで買うより断然お得だという。
 
年末に駆け込みで申し込む人も多いふるさと納税だが、人気の返礼品は品切れになっていることも多い。一年を通して いつ  何を 申し込むのが お得 かを、あらかじめ知って、計画を立てておきたいところ。そこで、1月~6月までの狙い目とオススメの 豪華返礼品 を紹介!
 
■1月の狙い目は「定番品」
 
定番品の肉やスイーツ、加工品をチェック。さくらんぼ(6~7月ごろ配送)、もも(8~9月ごろ配送)、ぶどう(9~10月ごろ配送)など、フルーツの先行予約も始まる。
 
オススメ:大阪府泉佐野市「黒毛和牛 衝撃の切落し1.75kg」寄付金額・1万円以上。
 
■2月の狙い目は「旬の魚介類」
 
旬のカニや貝類といった魚介類が充実。フグや牡蠣、キンメダイなど高級魚も狙い目。漁師直送の返礼品セットに、旬の高級魚が入っていることも!
 
オススメ:高知県須崎市「船上神経締め鮮魚ボックス」寄付金額・1万円以上。
 
■3月の狙い目は「フルーツ先行予約」
 
競争率の高いマンゴー(6~8月ごろ配送)やメロン(5~6月ごろ配送)などの先行予約が続々開始! 新生活に向けたタオルや食器など生活用品も増える時期。
 
オススメ:宮崎県日向市「日向完熟マンゴー」寄付金額・1万円以上。
 
■4月の狙い目は「レアもの、定期便」
 
年度替わりで自治体が返礼品を入れ替えたり、新しく加えたりする時期。人気集中ですぐになくなるレアな返礼品や定期便をゲットしやすい。
 
オススメ:北海道登別市「無添加極上エゾバフンウニ塩水パック」寄付金額・1万円以上。
 
■5月の狙い目は「旬のフルーツ」
 
路地栽培のいちごが狙い目。さくらんぼやメロン、ブルーベリーなど、旬のフルーツが増える。「増量」「詰め合わせ」など、お得な返礼品を探しやすい。
 
オススメ:香川県三木町「さぬきひめ(いちご)2.1kg」寄付金額・1万円以上。
 
■6月の狙い目は「野菜」
 
産地直送で新鮮そのものの夏野菜がたっぷり入った返礼品が期待できる。こだわり農家の無農薬野菜や、名産の珍しい野菜にも出合えるかも。
 
オススメ:千葉県鴨川市「南房総・鴨川の朝採れ野菜セット」寄付金額・1万円以上。
 
多くの自治体が返礼品の新規入れ替えをするのが、新年度が始まる4月と、9月および10月なのだとか。返礼品が充実する月もあるので、数量限定の珍しいものが登場する可能性も。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >