2018/01/21 11:00

鈴木亮平『西郷どん』主役の苦悩を救った“渡辺謙の言葉”

 
「クランクイン当初は慣れない薩摩言葉にNGを出すことがよくありましたが、ロケの合間に自腹でタクシーに乗っては運転手に話しかけ、マンツーマンで言葉を勉強していました。おかげで今では薩摩言葉でのアドリブまで飛び出すほどです」(NHK関係者)
 
今月7日にスタートしたNHK大河ドラマ『西郷どん』。主人公・西郷隆盛を演じる鈴木亮平(34)は、初の大河主演に試行錯誤しながらも座長として現場を切り盛りしている。
 
『西郷どん』フィーバーで湧く鹿児島。本誌記者は第1話のロケ地となった知覧を訪れてみた。「知覧の里」という観光施設の一角を出演者たちは控え室として使用していたという。
 
「みなさんここでメークしたり甲冑を着たりしていました。間近で見る鈴木さんはすごく体が大きくて、話したら大学の相撲部で鍛えたそうです。撮影前には必ず腕立て伏せをして、体を パンプアップ させてから撮影に臨んでました(笑)。真夏のロケではエキストラの子供たちにかき氷を差し入れたり、とても気さくな方でしたね」(案内所のスタッフ)
 
鈴木は現場スタッフにも気軽に話しかけてはその場を盛り上げ、何より 西郷どん チームの一体感を高めることを大事にしているという。そんな鈴木を支えているのが、ベテラン俳優たちの存在だ。
 
「当初、鈴木さんは薩摩言葉だけでなく、初の大役にカメラが回るとどこか委縮している様子でした。そんな姿を見ていた 西郷生涯の師 島津斉彬役の渡辺謙さん(58)が『思い切りやれ!フォローは俺たちがするから!』と声を掛けてくれたんです。父親役の風間杜夫さん(68)からも演技についてアドバイスを受けていました。以来、鈴木さんは吹っ切れたように 大きな 西郷吉之助を演じるようになりましたね」(前出・NHK関係者)
 
今は「西郷さん!」と声をかけられることが一番の喜びだという鈴木。 頼れる師匠 渡辺が演じた『独眼竜政宗』以上のヒットとなるか――。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >