2018/02/08 21:00

長谷川博己に相次ぐ抜擢のワケ 不惑の節目に捨てたものとは

 
2018年後期の連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合)。そのヒロインの夫役に長谷川博己(40)が起用されたと、2月7日に発表された。
 
長谷川は大阪市内の同局で行われた会見で、「みなさまに幸せと希望をお届けできればと思います」と語っている。朝ドラは初出演で、「20代前半に何度もオーディションを受けて落ちてきた」と告白。ヒロインを務める安藤サクラ(31)とも初共演だが、「ずっと共演したかった女優のひとり」とダブルで念願が叶ったことに笑顔を見せた。また役に関しては、こう意気込んでいる。
 
「朝ドラも出たいという欲を捨てたときに出られたので、欲を捨てて臨みたい」
 
長谷川は以前も、 欲を捨てることで掴むことができた と語っていたことがあった。それは昨年11月に受賞した「GQ MEN OF THE YEAR」だ。
 
授賞式の壇上で、長谷川は同賞が「目標にしてきた賞のひとつ」だったと告白。16年に大ヒットした映画「シン・ゴジラ」にも出演していたが、このときは受賞してなかった。
 
「『シン・ゴジラ』がヒットしてとれるかなと思っていたのにとれなくて  。今年は無理だろうと思っていたのにとれた。本当に嬉しいです」
 
16年に出演した「アナザー・スカイ」(日本テレビ系)では、役者人生の原点ともいえるスペインはバルセロナを旅した長谷川。20歳のときにこの地を旅した際、「もっと世の中って楽しんでいいんだ」と人生を謳歌すると決意。そして役者を志すようになったという。
 
この番組に出演したとき、長谷川は39歳だった。 不惑 を迎えるに際し、こう目標を掲げていた。
 
「40歳になって花を咲かせる俳優になりたい。僕にとっては40歳が大事だなって」
 
欲を捨てたことで、自然体になった長谷川。そんな不惑の決断が、追い風となっているようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >