2018/02/25 16:00

麻木久仁子支えた「ママには恋愛相談はしない」愛娘の優しさ

 
「よく言えば、頑張り屋、完璧主義。だけど、つまりはゆとりのなさだったんです」
 
そう語るのは、タレントの麻木久仁子(55)。乳がんの手術を受けたのは'12年のこと。それから5年がたった昨年10月、治療に一区切りついたことを発表した。がん罹患の2年前には、脳梗塞を発症していたことも明かしている。
 
麻木といえば、知性派のイメージと親しみやすいキャラクターを兼ね備え、これまでクイズやバラエティ番組で活躍してきた。加えて近年は、講演会を中心に、自身の闘病経験や検診の大切さを伝える活動を行い、予後について語る機会も多い。初の料理エッセイ本『ゆらいだら、薬膳』(光文社)では、毎日作りやすい薬膳レシピのほか、導き出した 生きやすい生き方 についても紹介している。
 
麻木は、'83年に芸能界デビュー。初仕事は、その年に開業したディズニーランドのテレビCMだった。が、以降はなかなか芽が出ず、ようやく情報番組の司会やクイズ番組などに出演するようになったのは、20代後半のこと。つかんだチャンスを逃すまいと、30代、40代は仕事に邁進した。
 
「『自分が信じた道を行くんだ!』という、ポジティブな完璧主義ならいいんでしょうけれど、私の場合は、人の評価ありきだったから。ちょっとでもうまくいかないと、すぐに人の目が気になって。今考えれば、それって、自分の力ではどうすることもできないことだとわかるんですけどね」(麻木・以下同)
 
思い悩む性格に由来するのか--8年前、脳梗塞を起こした際、その要因とされたのはストレスだった。
 
「私生活でつまずきがあって、それを報道された時期だったから、先生もそう判断されたのかもしれませんね」
 
仕事はどんどん減り、不安から眠れずに、お酒の量が増えた。街を歩いていても人目が気になり、家にこもりがちになっていった。そんな鬱々とした生活が続いていくようにも思えたが、ある日のこと  。
 
「当時高校生だった娘が、散歩に誘ってくれたんです。『もうそろそろいいんじゃない? 一緒に出かけよう?』って。いやがる私の手を引いて。そして、『ママ、立ち直ろうよ。また一から出直せばいいじゃない』と言ってくれたんです。これじゃ親子逆転じゃない、なんて情けなく思いながらも、胸が熱くなって  」
 
娘の成長に伴い、2人の関係性が形を変えることはあっても、つねに、互いを唯一無二の存在だと認め合っている。
 
「『世間が思うほど、ママって賢くないもんね』なんてサラリと言ってくるのも、この世界に娘だけ。その一方で『ママ、大好き!』と言って抱きついてくれるのも、彼女をおいてほかにはいません。恋愛の話もしてくれるし、仲はいいですね。ただし、私が何かアドバイスでもしようものなら、『ママにだけは恋愛相談はしない、って決めてるんだけど』なんて、ズバリ言われて(笑)。褒めるのとは違うけれど、『ママはそれでいいと思う』と、私の人生を肯定してくれている。それがわかるから、今の心の余裕につながっている気がします」
 
人生を四季にたとえれば、50代はまさに秋。更年期障害や老眼が始まり、白髪やシワだって増えてくる。
 
「重力に対する抵抗力もだいぶ衰えました。でも、人相としては、よくも悪くも力が抜けて、丸くなったかな。秋は、実りの秋でもあるわけです。振り返れば、日照りの日もあった。台風の日もあった。でも、のど元過ぎれば熱さ忘れるもので、最近は、すべてが人生の一部だと思えるんです。多くの挫折を経て、こうして実りの時期に入ったんだもの、収穫にかからなくちゃ!」
 
残りの人生を充実したものにするもしないも、50代からの生き方次第。
 
「今はもう『こうあるべき!』という考えがまったくなくて。結婚だって、するともしないとも断言しません。人生って、思いどおりにならないんだもの。『明日は明日の風が吹く』と思っているくらいがいいんです。でも、新しいことにはまだまだ挑戦したい。今しかない! と思っています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >