2018/03/15 11:00

近藤サト×寺田理恵子明かす“超多忙”のフジ局アナ時代

 
52歳の若さでこの世を去った有賀さつきさん、貴乃花親方を陰から支える花田景子夫人、3月いっぱいで終了する『あさイチ』の有働由美子アナーー。最近、ニュースでよく耳にする 女子アナ を取り巻く環境に、身につまされる思いを抱いた読者も多いはず。そこで、年をとるごとに共感度が増す彼女たちの今に接近。
 
近藤サト(49、以下=近藤)「寺田さんはいつもたたずまいがとても素敵で、私にとってお手本のような存在です」
 
寺田理恵子(56、以下=寺田)「うれしい〜。フジ出身のアナウンサーはみんな先輩を立てるのよね。でも、本当は私を反面教師にしてるんじゃない? 波瀾万丈すぎて(笑)」
 
ともにフジテレビ出身で、先輩・後輩の間柄。当時、「内定競争倍率は数千倍」といわれた難関を突破し、花形職業の座を射止めたのは、寺田さんが 84年、近藤さんが'91年のこと。
 
寺田「私は劣等生なのよ。たまたま大学の就職課でアナウンサー募集の張り紙を見て、『あ、3社(テレビ朝日、日本テレビ、フジテレビ)受けられるんだ』と知って、とりあえず受けてみたけれど、フジテレビはもう4人がすぐに決まって、私は追加みたいな採用だったの」
 
近藤「寺田さんが4人にプラスされて採用されたのだとすると、特例だったんですね」
 
寺田「そう。私だけ何のトレーニングもしていなくて。面接で原稿を朗読するんだけど、練習不足で。面接官だった露木茂さんに『君、自分でしゃべっていること、わかるかな?』と言われるくらいだったんですが、なぜか合格して」
 
近藤「知らなかったです。でも、寺田さんの個性を見ていたのでは? 入社後の人気はすごかったですものね」
 
'80〜'90年代はバラエティ番組が全盛。当時、「楽しくなければテレビじゃない」を旗印に、お茶の間の圧倒的支持を得たフジテレビで、寺田さんは元祖アイドルアナとして一躍人気者に。
 
寺田「そんな状況で入社したら、ほかの4人はすでに訓練を積んでいて続々と仕事が決まって。私だけ半年間、仕事がなかったんです。それが、山村(美智子。現在、美智)さんが新婚旅行へ行くことになって、私だけしかスケジュールが空いてなくて急きょ代役で『オレたちひょうきん族』に出演して、そのまま2代目に抜擢。私はそういう偶然やラッキーだけで来ているのかもしれません」
 
近藤「それは、やってきたチャンスをしっかりつかんだということですよね」
 
寺田「サトちゃんはアナウンサー志望だったの?」
 
近藤「私は大学時代、NHKでADのアルバイトをしていて、お弁当の手配から、床をはいずり回るような作業まで、いわゆる裏方をしていたの。アナウンサーになろうと思ったことはなかったんですが、日大の芸術学部だったので、『みんな試験を受けるから私も』というノリで、履歴書に3分間写真を貼って送ったんです。そうしたら入社後、人事の人に『写真がめちゃくちゃ目立っていた』って」
 
寺田「きれいだから、それでも受かってしまうのね」
 
近藤さんはバラエティのほかに、『FNNスーパータイム』などのニュース番組に出演。報道アナウンサーとしてのイメージが定着していく。
 
近藤「入社試験のカメラテストで、当時の社会党の故・土井たか子さんとのパネルトークがあり、『土井さんは女性の仮面をかぶった男です』と言ったら、また後から人事の人に『おまえこそ男だよ!』と言われて。入社後もそういう、心の強い女性に出会う機会が多く影響を受けましたね。あのころはほとんど休みがなかったけど、『早く帰りたい』と思ったことはなかった」
 
寺田「私もなかった。取材を受けることも多くて、余波でCDデビューもしちゃったけど、それもこれも『局の宣伝になれば』『おもしろければ』という風潮。私はあの時代に鍛えられたことが、その後の糧になっていると思う」
 
その後、2人はともに寿退社。寺田さんは27歳で制作会社のディレクターと結婚。しかし長女を出産後、夫の不倫疑惑が報じられ、離婚。そして、'00年にNEC元会長の御曹司である大手広告代理店勤務の男性と再婚し、次女をもうけるが、夫は'12年に急逝してしまう。
 
一方、近藤さんは'98年に歌舞伎俳優の故・坂東八十助さん(のちの三津五郎・'15年逝去)と結婚後、1年あまりで離婚。'03年に会社経営者と再婚し、1男をもうけている。
 
近藤「私はアナウンサーを完全に辞めていた時期はないんです。退社して、最初の結婚生活を送っていたころも、ゆるくではあるけれど続けていました。いまは、ナレーター業は死ぬまで続けたいと思っているの」
 
寺田「サトちゃんらしい。私は再婚後14年間、専業主婦だったの。その時期には『いまできること』を考えて、好きな手芸の腕を生かして、匿名で在宅ワークをしたり」
 
近藤「そんな時期が?」
 
寺田「そうなの。子どもの通学用のバッグを作ってサイトに出品したり。夫が急死した後は『稼がなくちゃ』と思って、普通のオフィスでも働いていたし」
 
近藤「うわー。何、やってたんですか? 気になる」
 
寺田「最初は、何社か応募して。でも『なぜ寺田理恵子が?』ということや、年齢で不採用になるの。その後やっとベビーシッターの派遣会社に採用していただいて。そんな経験をしたから、私はいつも自分の体験を俯瞰して眺める癖がついているのかも」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >