2018/03/19 16:00

宮沢りえ 結婚発表で話題になった“3年前との変化”とは?

 
宮沢りえ(44)が森田剛(39)との連名のファックスで3月16日、結婚を発表した。昨年末に森田と同じV6に所属する岡田准一(37)が結婚したばかりとあり、今回の報道には驚きの声も上がった。さらに別の 驚き も生まれている。宮沢の文字が「うまくなった」のだ。
 
宮沢の文字は14年9月、最愛の母・光子さん(享年65)の訃報の際も話題となっていた。宮沢は光子さんが亡くなったことを直筆の署名入りのファックスで報告したが、個性的な文字での署名に「ギャル文字みたい」「美文字書きそうなのにショック」と揶揄する声が上がっていた。しかし今回の結婚報告での署名は筆跡が大きく変化した。個性的な文字から、丁寧な楷書に モデルチェンジ 。新しい家族のため、襟を正した様子も伝わってくる。
 
Twitterでも《りえ文字のクセが治ってる》との声が上がっており、変化に気づいたファンも多いようだ。また《宮沢りえさんは、ギャル文字ではなく丸文字の世代だったのでは?》《昔のセブンティーンに宮沢りえ文字練習帳があったなぁ》と、宮沢の文字は「 時代の名残り だった」という意見も。
 
「りえちゃんが、いろいろやっている中で その屈託のなさが出てるのは『絵』と『字』だよね」
 
これは14年11月、宮沢と対談した糸井重里(69)による発言だ。糸井は、宮沢が10代のころから多くの仕事を共にしている。そんな糸井に「劣等感があり、ずっと考え込んでしまう」と打ち明けた宮沢。それでも「自信をもって、『ねー!いいでしょーー!』って言ってみたい」と発言したときに、糸井は宮沢に「もっと屈託のない姿を見せてほしい」と示唆するように上記の発言をした。さらに糸井は光子さんの訃報の際の、宮沢の 文字 についても触れた。
 
「喪服を着ている文章のはずなのに、屈託のない文字で『宮沢りえ』と書いてあって、あれを見たときに、この子やっぱりこういう子だと思った」
 
自身が思い描いていた宮沢と、本来の宮沢との ズレ を再認識した糸井。宮沢の文字が「漫画っぽくて『ああ、いいな』」と思ったといい、その 屈託の無さ を魅力と感じていたようだ。襟を正すのは勿論だが、ときには いい文字 をまた見せてほしい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >