2018/04/18 11:00

石田純一 パパ死ぬの?第3子誕生で理汰郎くんが深夜の相談

 
4月13日、石田純一(64)の妻・東尾理子(42)が自身のブログで次女の名前を明らかにした。名前は「つむぎ」。東尾にとって、第3子となる女の子だ。東尾は11年6月にブログで「TGP生活」と題し、妊娠のための治療を開始。治療のすえ12年11月に長男・理汰郎くん(5)、16年3月に長女・青葉ちゃん(2)を出産した。
 
そして「第3子の妊娠確率は5%」といわれるなか、東尾はつむぎちゃんを妊娠。4月7日に無事に出産し、9日にブログで出産報告を行っていた。そんな 奇跡の出産 について、本誌は夫の石田にインタビュー! 3月のトークショーでは、提案した赤ちゃんの名前をことごとく東尾に却下されたと語っていた石田。苦笑しながら本誌にこう語る。
 
「昔の女子プロゴルファーで、グレナ・コレットという選手がいたんですよ。生涯無敵だったのに、人間らしくてかわいい人だったんです。今回は妊娠する可能性が低くて、出産も妻の年齢的に心配でした。そういう意味では産まれてくること自体に運命というか勝負強さみたいなものも感じるので、グレナがいいなと思ったんです。でも妻に『石田グレナはダメ?』と聞いたら、一蹴されちゃいました(笑)」
 
妻の高齢出産を心配していたという石田だが、彼自身も現在64歳。つむぎちゃんが成人を迎えるころには、なんと84歳になってしまう。これまでもたびたびそうした 老後 の質問に答える姿が報じられてきたが、石田家ではある 事件 が起きていたという。
 
「先日、長男の理汰郎と2人で寝ていたときのことです。ふだんはぐっすり眠ったままなのに、夜10時ぐらいになって突然目を開けたんです。『どうしたの?』と聞いたら、あの子が『ねえねえ。僕が小学生になったら、パパ死んじゃうの?』と言い出して。誰かに、僕の年齢のことを言われたのかもしれませんね。だから僕は『パパは、まだ死なないよ』と言ってあげました。ただその後に『でも、どうなるかなんてわからないよね。だから、悔いのないように生きているんだよ』って。そんな話をしました」
 
そんな理汰郎くんの言葉を受け、石田はさらにパパの決意を新たにしたようだ。
 
「責任もありますからね。元気で体が動くようにしていたいですね。仕事も4月からテレビ東京で『石田純一のサンデーゴルフ』という番組を持つことになりました。つむぎも無事に生まれてきてくれましたし、ますます死ねないなと思っていますね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >