2018/05/10 19:00

トヨエツ効果で五平餅売上9倍「半分、青い。」驚愕の影響力

 
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合)に登場している郷土料理「五平餅」が、東濃(岐阜県南東部)周辺で爆発的な売上を記録しているということが5月10日にわかった。
 
スポーツニッポンによると、五平餅を常時販売している同地区のサービスエリア等に調査。同作の放送開始となる4月からゴールデンウイーク(GW)の間の売上を集計したところ、期間全体では3月の2倍を記録。さらにGW期間中には、普段の9倍超えを記録した店舗もあったという。
 
五平餅は神道において神に捧げる「御幣」が由来の餅。炊いたうるち米をつぶし、タレをつけて串焼きにしたもの。形も様々で、タレも多岐に渡る。岐阜県美濃加茂市出身の作者・北川悦吏子(56)が今作の脚本に盛り込み、ドラマの重要なキーアイテムとしてたびたび登場している。
 
その人気に一気に火が点いたのは、先月28日放送の回で豊川悦司(56)演じる秋風羽織が思わず「うんま!(うまい)」と口にしたシーン。Twitterのトレンドにもなり、さらに注目を浴びた。
 
中日本高速道路は「改めて朝ドラのパワーを感じております」と驚きの様子であり、ロケ地である恵那市の観光交流課も「これで全国に広がる」と朝ドラの影響力に手応えを感じている。ネットでも五平餅を絶賛する声が上がっている。
 
《半分、青い見たらね。今日はこれ食べるしかないよね 五平餅》
《五平餅が食べたくて、朝ドラロケ地に来ました!美味しかった》
《今回の連ドラ甘酸っぱくて良いです 五平餅も素朴でなお良し。》
 
また《故郷の味が注目され嬉しい限り》《朝ドラ効果で食べる人が増えて嬉しいです》という喜びの声のいっぽうで、《巨大なわらじ形の奴は上手に食べないと顔がタレまみれになるし、途中でボタッと落とすしで案外テクニックを要します》《髪縛るかなにかしないとタレがつくぞ!髭にもつくぞ!》とのアドバイスも。
 
NHK関係者は五平餅について「今後も節目節目に登場し、終盤まで続く。鈴愛の人生を動かす重要な食べ物」と明かしている。ドラマの内容はもちろん、五平餅の登場シーンにも注目したい!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >