2018/05/16 11:00

結婚38年目の百恵さん 夫・友和から贈られた「4つの結婚指輪」

 
「夫婦喧嘩をしているところは一度も見たことがありません。いつもショートコントみたいなじゃれ合いをしています(笑)。この前も、百ちゃんが叔父に『なんでそんな格好なの? もっとちゃんとしてよ〜』って。そしたら叔父のほうは『そうかぁ?俺はかっこいいと思うんだけどなぁ』って少しへこむ。そんな会話に僕が混じって、『たしかにそのスエットはちょっとダサいよね』なんて。すると百ちゃんがすかさず『そうでしょう、ダサいでしょう!』って(笑)」
 
そう語る絲木建汰(30)は、三浦友和の実姉・篠塚ひろ子さん(67)の一人息子だ。母のひろ子さんが経営する山梨県・清里のペンション「La VERADURA」で生まれ育った彼は、祐太朗(34)や貴大(32)の従兄弟にあたるが、兄弟同然の間柄。普段は、三浦夫妻を「稔おじちゃん」「百ちゃん」と呼んでいるという。役者の道を歩む彼は現在、音楽劇『ブルースな日々〜夢に向かって〜』(築地ブディストホール)を控え、稽古の真っ最中。多忙ななか、インタビューに答えてくれた。
 
「意外にも2人は歌番組よりクイズやバラエティ番組が好きで。『めちゃイケ』が終了したときは百ちゃんが数日間、落ち込んでいたそうです。叔父がそう言って笑っていました。甥っ子から見ても、本当に夫婦仲がいい。うらやましいなぁって思います。2人は10年に1度、お揃いの結婚指輪を新調するんですよ。愛を確かめるという意味があるのかなぁ。叔父は仕事柄、いつもしていられるわけではありません。でも2人で旅行に行くときは、嬉しそうに結婚指輪をはめて出かけて行くんですよね」
 
いま百恵さんの薬指に光っている結婚指輪は4つ目。まさに 理想の夫婦 を地で行く2人に、建汰は 親孝行 を計画中だそうだ。
 
「叔父と叔母は、僕にとって第2の父、第2の母です。今年は母の日のプレゼントに、光るペアグラスを贈ろうかって思っています。富士山が大好きな叔父には、富士山の形に光るグラス。百ちゃんには桜の花のものを。
 
 兄 たちとも、このごろはちょいちょい会って、お酒を飲むこともあって。僕らがみんなもっと売れて一人前になったら、計画していることがあるんです。それは 3人でお金を出し合って、家族全員をファーストクラスでヨーロッパの旅に連れていく というもの。そんな話を集まるたびにしています。すると百ちゃんが『3人はいつ私たちを連れてってくれるのかなぁ』って、事あるごとにプレッシャーをかける、かける(笑)。いつか男みんなで共演するのも夢のひとつです。貴大と僕と叔父が出て、主題歌を祐太朗が歌う。そんな作品ができたら最高です!」
 
母の日も過ぎーー。三浦夫妻は、建汰から贈られたグラスをかたむけながら 3人の息子たち との共演に夢を馳せていることだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >