2014/02/25 00:00

上沼恵美子 A型肝炎で緊急入院!周囲が驚いた意外な感染源

「ウィルス性のA型肝炎と診断されたため、大事をとって2週間入院することになりました。ただ、すでに肝臓の数値も戻ってきておりますので、まもなく退院。2月いっぱいは休ませていただきますが、3月から仕事復帰する予定です」

 そう認めたのは、上沼恵美子(58)の所属事務所。2月15日、上沼が急性肝炎のため、大阪府内の病院に緊急入院していたことがわかった。関西地方でテレビ番組3本とラジオ番組1本の冠番組を持ち、“西の女帝”とも称されている上沼は、2月23日放送の『気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクギズケ!』出演をキャンセル。1月に亡くなったやしきたかじんさん(享年64)に続き“関西の大物”が入院し、各局に激震が走った。

A型肝炎の初期症状としてはだるさや微熱が挙げられ、風邪と間違える人も多いという。医師によると軽症で済む場合がほとんどだが、まれに劇症肝炎へと進行し、最悪の場合は死亡することもあるため注意が必要とのこと。生魚や二枚貝から経口感染することが多く潜伏期間は2~6週間だという。上沼の感染源について、近しい芸能関係者はこう語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >