2014/10/02 08:00

新朝ドラ『マッサン』モデル ウイスキーにかけた生涯

 放送が始まったばかりのNHK朝ドラのモデルで、“日本のウイスキーの父”と呼ばれるのが竹鶴政孝である。ウイスキーといえばアルコールに香料や着色料を入れたイミテーションだった時代、単身スコットランドに渡り技術を習得し、日本で初めての本格ウイスキーの製造に成功したパイオニアだ。

 明治末から大正にかけて日本でも本格的なウイスキーをつくろうという動きが起こるなか、白羽の矢が立てられたのが、摂津酒造で技師をしていた竹鶴だった。

 帰国後、寿屋(現・サントリー)社長の鳥井信治郎に請われ入社。大阪・山崎に蒸溜所を建設し、ここで初の本格国産ウイスキーが誕生した。現在もサントリーホワイトとして親しまれている「白札」である。

 竹鶴はその後寿屋を退社し独立、北海道・余市に大日本果汁株式会社(のちのニッカ)を設立する。北海道西部、積丹半島のつけ根に位置する余市はウイスキーの本場スコットランド・ハイランド地方と酷似した気候で、蒸溜所をつくるには理想的な土地だった。ところで気になるのは「大日本果汁」という社名だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >