2017/06/25 15:47

「小林麻央さん逝去」がつらい人へ…妹をがんで亡くした体験から思うこと

小林麻央さん、最後のブログより(6月20日)https://ameblo.jp/maokobayashi0721/
小林麻央さん、最後のブログより(6月20日)https://ameblo.jp/maokobayashi0721/
 6月22日夜に亡くなった小林麻央さん。翌23日の市川海老蔵さんの会見に、もらい泣きしてしまった人も多いのではないでしょうか。

 実は筆者も11年前に、30代だった妹を消化器系のがんで亡くしました。妹にも当時6歳と4歳の子どもがいたし、看病に奮闘する姉・麻耶さんの心労は他人事とは思えませんでした。

◆麻央さんに励まされていた患者さんや家族のショックが気がかり

 がん闘病中の方やその家族で、麻央さんのブログに励まされていた人は多いと聞きます。また、病気に限らず何かつらい状況にいて、「麻央ちゃんも頑張ってるんだから自分も頑張ろう」と感じていた人は少なくなかったでしょう。

 そんな方々が、今ショックを受けているのではないか? それが気がかりです。

 というのは、妹の闘病中に有名人ががんで亡くなったニュースを聞くのが、本人も家族もつらかったからです。

 たとえば歌手の本田美奈子さんが、白血病で亡くなった時(2005年)。妹は病院でテレビを見てないかもしれないので黙っておこう…と思った矢先、見舞いに行ったときに子どもが「ママ、本田美奈子死んじゃったね!」と元気に報告してしまい、アワワとなったこともありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >