2017/07/26 08:45

お母さんは買えるのか――世界で認められた日本人監督がスラムで見たもの

長谷井宏紀監督
長谷井宏紀監督
 日本人として初めてヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の全額出資を受けた長谷井宏紀監督による映画『ブランカとギター弾き』。

 自身にとって初の長編にもかかわらず第72回ヴェネツィア国際映画祭マジックランタン賞、そしてジャーナリストから贈られるソッリーゾ・ディベルソ賞を受賞した同作は、YouTubeで発掘した主役の少女以外、キャストのほとんどが実際にスラムで暮らす人々、という意欲作です。

 舞台は、マニラのスラム。路上で暮らす孤児の少女・ブランカはある日、同じく路上で生きる盲目のギター弾きと出会います。互いに寄り添い穏やかな日々を送る二人。でも、やがてスラムの厳しい現実に翻弄されていきます。

 世界中を旅しながら写真家としても活動する長谷井監督がなぜこの映画の製作に至ったのか。本作にかける想いを聞きました。

◆「お母さん」を買うことができるのか

――この物語は、盗みや物乞いをしながら路上で生活する孤児の少女ブランカが、「お母さんをお金で買う」ことを思いつくことから始まっていますが、児童の人身売買を逆手にとったような発想が新鮮です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >