2017/08/01 15:48

「コード・ブルー」山下智久の“胸筋見せ”や寡黙キャラに、女性たち感涙

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 山下智久さん主演の「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON」(月曜夜9時 フジ系)が好調です。

 一瞬も目が離せないドラマ展開はもちろん、何より心をつかまれるのは、山下さん演じる藍沢耕作の圧倒的な存在感です。

 藍沢先生は救命救急でフェローとして研鑽(けんさん)を積み、脳外科医になりましたが、人材不足で疲弊する救命センターを救うべく戻ってきました。そこには、神経系の症例を増やしてトレント大のレジデント選抜を有利にしたいという野心もありますが、すべては医師として高みを目指すため。

 彼の何が、こんなにも私たちを魅了するのでしょうか。藍沢先生に魅せられてやまない、クランケ(患者)たちに聞きました。

◆私たちが藍沢先生を愛さずにいられない、その理由

・美しい親戚のような親近感

「コード・ブルーは、9年前、2008年のファーストシーズンから見ています。藍沢先生の成長をずっと追ってきたし、なんていうか、遠縁の美しい親戚を見守る感じで勝手に親近感を抱いています」(ノリコさん・45歳)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >