----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/08/06 08:45

窪塚洋介「実はヤベーなと思ってた」。ハリウッド後初の邦画出演を語る

窪塚洋介さん
窪塚洋介さん
 窪塚洋介さんが、Dragon Ash の降谷建志さんとW主演を務めた『アリーキャット』が全国順次公開中です。

 元ボクサーという設定ではあるものの、個性的なキャラクターではなく、抑えた演技で新たな空気感を出している窪塚さんにインタビュー。ミュージシャンとしての活動も続け、俳優としては、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』でハリウッドデビューも果たした窪塚さんの言葉から、そのスタンスが伝わってきました。

◆出演を決めた一番の理由は降谷建志

――降谷さんと組まれた、独特なニオイのする作品ですね。

窪塚:出演を決めた一番大きな理由は、降谷建志というひとりの男の存在です。バディもので、相手がKj(降谷)かぁ、ワクワクするなと。それから台本を読ませていただいて、いい感じにいなたくて、ラフでタフで、なんだかちょっと昭和のニオイのするような設定が、逆に俺らがやったら楽しくなるんじゃないかと感じました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >