2017/08/22 08:46

「ダイアナ妃みたいになるはずだった」“元祖パリピ”セレブのパリス・ヒルトン発言に全米ザワつく

パリス・ヒルトン
パリス・ヒルトン
 今や“痛いセレブ”を通り越して、「あの人は今」的な扱いを受けることが多くなったパリス・ヒルトン(36)。

 そんな彼女が『Marie Claireマリークレール』最新号のロングインタビューを受けて「私はダイアナ妃みたいになるはずだった」と語り、今までの「パリピ」イメージとのギャップに全米がザワつきました。

◆パリピ、おバカキャラ、セックステープ流出

 さて、この発言の何がそんなに衝撃的だったのか? パリスの「お騒がせセレブ時代」を知らない読者には少し説明が必要かもしれません。

 ヒルトン・ホテルの創業者を祖父に持ち、幼い頃からセレブ生活を続けて来た超が付くお嬢様のパリス。

 10代の頃から各地で行われるパーティ・イベントに顔を出し、パパラッチたちに写真を撮られることで注目を集める「パーティ・ガール」として名声を獲得していきました。

 一般的にこうした「何をしているのかは不明だが、多くのパーティに出席していて雑誌やテレビでよく見かける富豪たち」のことをアメリカではソーシャライトと呼びますが、パリスの場合、そのセクシー過ぎるドレスやおバカな言動で「パリピ」のイメージが先行。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >