2017/08/29 08:43

日本でもヒット中『ワンダーウーマン』の女性監督、酷評したJ.キャメロン監督に猛反論!

 世界で大ヒットした映画『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンス監督(46)が、この作品を酷評したジェームズ・キャメロン監督(63)に対し反論している。

 日本でも今月25日(金)に公開されたばかりの同作は、世界ではすでに公開されており、女性監督によって作られた実写版映画において、もっとも高い興行成績を叩き出している。

 このヒット作について、キャメロンは最近のインタビューで、女性キャラクターを「後退させる」ものだとし、ガル・ガドットが演じたワンダーウーマンのことを「モノ化されたアイコン」だと批判していた。

 それに対し、同作の続編でも監督を務める契約を結んでいるジェンキンスは、キャメロンは女性ではないため、女性のことを理解できないとツイッターで反撃した。

「ジェームズ・キャメロン監督が、『ワンダーウーマン』や世界中の女性とは何かということについて理解できないのは、私たちにとっては驚くことではないわ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >