2017/11/10 08:45

デヴィ夫人の横領被害よりヤバかった、高須院長「金銭トラブル」の教訓

高須院長ブログより。今年8月、関西テレビ「夢いっぱいサミット」収録でデヴィ夫人と
高須院長ブログより。今年8月、関西テレビ「夢いっぱいサミット」収録でデヴィ夫人と
 デヴィ夫人(77歳)が1億7000万円もの大金を横領されたことが話題になっています。容疑者はデヴィ夫人が代表を務める芸能事務所の元経理担当で、10月26日に渋谷署に逮捕されました。

 芸能界では時折、目にする横領やギャラの持ち逃げ。お金持ちにとってはよくある話なのか、それとも、資産に対するセキュリティが甘すぎた結果なのか。資産管理が大変そうな高須クリニックの高須院長に聞きました。教えてかっちゃん!

◆高須院長が体験した「脱税」「横領」のてんまつ

――芸能界でマネージャーにギャラを持ち逃げされたり、デヴィ夫人のように経理担当に横領されたり……といったニュースをときどき目にしますが、お金持ちにはよくあることなんですか。

高須「“全部お任せ”でやってると、経理担当に勝手にお金を使われていても気づかないことはあるだろうね。僕が1990年に、8億9000万円の脱税で起訴されたときもそうだよ。僕が脱税したわけじゃないけど、“経理を任せきりにして、脱税に気づかなかったのは過失”ということで、最高裁まで争ったけど結局、有罪になっちゃった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >