2017/11/29 15:45

橋本マナミ「瑛太さんとのラブシーンはノーカット」。問題作『光』を語る

橋本マナミさん
橋本マナミさん
 しっとりとした美貌の「国民の愛人」としてグラビアを飾るほか、ドラマやバラエティなどでもマルチに活躍する橋本マナミ。近年はNHK大河ドラマ『真田丸』で細川ガラシャ夫人を清楚に演じるなど、女優としての幅を広げています。

 そして、11月25日より公開中の大森立嗣監督の最新作『光』では、浮気をしている間に子供がいたずらされてしまう団地に住む主婦、南海子を熱演。妻、母、女としての“性”をときに気だるく物憂げに、ときに激しく官能的に演じ、話題を集めています。

 本作で新境地を開いた橋本さんに、映画の見所や役作りについてお話を伺いました。

====

【映画『光』のあらすじ】

 舞台は東京の小さな島・美浜島。14歳の黒川信之(福崎那由他)と美花(紅甘)は大人たちの目を盗んで逢瀬を重ねる恋人同士だった。父親に虐待を受け続けてきた10歳の輔(岡田篤哉)は、ある日、信之と美花が人を殺すのを目撃してしまう。ところが、その瞬間、大津波が島を襲い、3人と大人数人を除いて島は全滅する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >