2017/12/14 08:44

人気司会者と心臓病の赤ちゃん、テレビで涙の訴え「子供たちの命が危ない」

 アメリカの人気司会者ジミー・キンメルが、数日前に心臓手術を受けたばかりの生後7ヶ月の息子と、自身のトーク番組に出演した。

 息子のビリー君が手術を受けるため、先週には自身の冠番組『ジミー・キンメル・ライブ!』を休んでいたジミーだが、復帰の番組冒頭に息子を抱いて登場し、涙をこらえながらも経過が順調であることを報告した。

「先週僕は番組を欠席しました。この子が心臓手術を受けたからです。でも皆さん、ビリーは元気そうでしょ。穴は開いているかもしれないけど、大丈夫です」

「パパがテレビで泣いて、ビリーは泣いていないなんて、信じ難いことですね」

「ビリーは順調に回復しています。実はもう1つ手術を控えているんです。1週間程前に手術を受けましたが、お医者さんたちは2036年のオリンピックでは少なくとも銅メダルを期待できそうだと言っていました」

◆子供が安く医療を受けられる制度が危機に!

 ジミーは、クリス・プラット、トレーシー・エリス・ロス、ニール・パトリック・ハリス、メリッサ・マッカーシーら、先週放送の番組出演陣に感謝の言葉を述べた。そのうえでジミーは、今回手術を担当した医師たちに敬意を表すと共に、健康保険の仕組みについても触れ次のように続けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >