2017/12/22 15:46

石田ゆり子の缶コーヒーCM曲、「午後の紅茶」冬CM曲が胸にしみるわけ

10月から流れていた「FIRE 交通警備員」
10月から流れていた「FIRE 交通警備員」
 19年前の1998年にリリースされたスピッツの「楓」が、いまリバイバルヒットしているんだそうです。

 12月18日付のビルボードジャパンチャートでは前週までの圏外から28位にランクインしていますし、レコチョクの週間ランキング(12月6日~12月12日集計)でも3位と大躍進。

◆「午後の紅茶」CMでスピッツの「楓」が再ヒット

 これはキリン「午後の紅茶」のCMで流れたのがきっかけでした。上白石萌歌(17)の素直な歌声に、甘すぎず切なすぎない「楓」の曲調も寒いこの季節にぴったりとハマる。センチメンタルなんだけど、背筋がピンと伸びるような厳しさもあるんですよね。

 名曲は色褪せないといったところですが、一方で映像の力も見逃せません。女子高生役の上白石萌歌が電車を降りて田舎道を歩いていると、日が暮れてあたりはどんどん暗くなっていく。いまにも鼻の奥がツンとする冷たい空気が漂ってきそう。なんとも物悲しい場面です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >