2017/12/23 08:44

同じ仕事なのに女性はギャラ半額!ブチ切れ降板した女性MCをセレブたちが支持

キャット・サドラーinstgramより。
キャット・サドラーinstgramより。
 セクハラ問題に揺れるアメリカのエンターテイメント業界で、今度はギャラ論争が勃発している。ことの発端は、米人気情報番組「E!ニュース」の司会者キャット・サドラーが、自身のギャラが共に司会を務めるジェイソン・ケネディの半額であることに反発し、長年務めた番組を降板したことだ。

 キャットは、局側に賃金格差解消を求めたものの却下されたことでE!ニュースを辞め、その事実を自身の公式サイトなどで公表。これを受け、ジェシカ・チャステイン、オリヴィア・マン、ジェニファー・ローレンスといったハリウッドの人気女優たちが次々とキャットを支持する意向を表明している。

 ジェシカは「ワオ、これってすごくがっかりだわ。E!エンターテイメントのような会社は、女性が平等に扱われることを理解するべきよ。同じポジションの男性の半額だなんて不適切よ」との考えを表明。

 オリヴィアはSNSへの投稿でこうつづった。

「キャット、女性の視聴者をターゲットにしているE!ニュースが、あなたの価値が同じ役割の男性の半分だとみなしていると知ってものすごくがっかり」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >