2018/02/10 08:46

平昌五輪、キラキラネーム多すぎ…「哉中」「純礼」はなんて読む?

大会初日、会場で取材を受けるフィギュアスケート団体のメンバー。左上が村元選手/雑誌協会代表撮影
大会初日、会場で取材を受けるフィギュアスケート団体のメンバー。左上が村元選手/雑誌協会代表撮影
 2月9日から開幕した平昌オリンピック。日本のテレビでは北朝鮮の“美女軍団”ばかりが取りざたされてきましたが、もっと選手のことが知りたいですよね。

 ということで、突然ですがクイズです。こちらの3つの名前、読めますか?

哉中 純礼 秦留可

 いずれも平昌五輪に出場する選手たちの名前ですが、え、なんて読むの? という”キラキラネーム”のオンパレードなんです。

 それでは、答えとともにそれぞれの選手に関するプチ情報をご紹介します。

●村元哉中(かな)選手/24歳/フィギュア(アイスダンス)

 2014年に女子シングルからアイスダンスに転向し、クリス・リード選手とは2015年からコンビに。キレイな顔立ちの村元選手ですが、元フィギュアスケーターで現在は海外でコーチをしているの姉の小月(さつき)さんも美人で知られています。

 インターナショナルスクールに通っていたことから、英語が堪能。リード選手とも普段は英語で会話しているようです。ちなみに、リード選手はスケートの練習で失敗した時だけ、日本語で「クソ!」「しまった!」と叫ぶそうです(J SPORTSのインタビュー記事より)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >