2018/05/09 08:44

人気ヒーローの美人妻が明かした「右腕タトゥーの不思議な偶然」

ソーの伝説をモチーフにしているタトゥーを入れているエルサ (C)Featureflash
ソーの伝説をモチーフにしているタトゥーを入れているエルサ (C)Featureflash
 映画『ワイルド・スピード』シリーズで知られ、日本でも超美人! と話題になった女優のエルサ・パタキー(41)。

 そんなエルサの夫は、映画『マイティ・ソー』のソー役でも有名なクリス・ヘムズワース(34)。驚いたことにエルサはクリスと出会う前から、『マイティ・ソー』に由来したタトゥーを入れていたのだという。

 マーベル・シネマティック・ユニバースによる人気映画『マイティ・ソー 』シリーズで、クリスがソー役を演じるようになった1年後の2010年に挙式した2人。

 だが、エルサは15歳の頃すでに、右腕にソーの伝説をモチーフにしたタトゥーを入れていたそうだ。

 そのタトゥーについてエルサはこう語る。

「そう、それはソーなの。それで私はソーを演じる男性と結婚しちゃったわけ。人生って不思議なものよね。私はただそのシンボルと伝説が大好きで、すごく美しいと思ったから、忘れないようにしたかったの」

 そんなエルサは、夫クリスの頭文字である「C」や、クリスの弟リアムの婚約者であるマイリー・サイラスとお揃いのタトゥーなど、いくつかのタトゥーを体全体に入れている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >