2017/09/11 07:00

こんなにヤバい菅田将暉、見たことない! 前後篇で5時間超えの衝撃作は10月公開

原作は寺山修司による傑作小説。映画では東京オリンピック後の2021年が舞台に (c)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
原作は寺山修司による傑作小説。映画では東京オリンピック後の2021年が舞台に (c)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

 菅田将暉と、監督・脚本・主演を務めた『息もできない』で各国の映画賞を総なめにした韓国の名優ヤン・イクチュンがW主演する映画『あゝ、荒野』。

「俺たちの代表作にする──」

 岸善幸監督と主演のふたりがそう誓った、前後篇あわせて5時間超えの衝撃作が誕生した。

 舞台は2021年、新宿。母に捨てられ、荒ぶれた生活を送っていた少年院上がりの沢村新次(菅田将暉)は、かつて裏切りを働いた元仲間への復讐を誓っていた。一方で、吃音障害と赤面対人恐怖症に悩む二木建二(ヤン・イクチュン)は、父親からの暴力に耐えきれず、ついに家を飛び出す。見た目も性格も正反対の彼らの共通点、それは“孤独”。ふとしたきっかけで出会い友達となったふたりは、ジムのトレーナー“片目”(ユースケ・サンタマリア)から誘いを受け、プロボクサーを目指すことになり……。

 もともと細身だった菅田は人生で初めて本格的な身体作りに挑み、増量からスタート。食事にも徹底的にこだわり、最終的には今までの洋服が似合わなくなってしまうほどに。劇中では激しい濡れ場も見せ、これまでのイメージを大きく覆す。

 それに対し、ハードなトレーニングに加え、日本語のセリフや吃音障害といった難題をこなしたヤンは、監督も“ミスター演技設計”と絶賛。

 暴力的で激しくて、切なくて。新宿という“荒野”で繰り広げられる苛烈な青春物語。衝撃の映画体験は、ぜひ劇場で。

※10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇 新宿ピカデリーほか二部作連続公開

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >

おすすめキャンペーン