2017/09/17 20:00

不倫は「DVモラハラ夫」「母親なら家にいろ」呪縛からの逃避――弘子の場合〈下〉

小学生ほどの背格好ということもあって、53歳には見えない弘子
小学生ほどの背格好ということもあって、53歳には見えない弘子
世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、様々な難題がのしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。(ノンフィクション・ライター 菅野久美子)

 今回紹介するのは、7歳年上の夫・良平(仮名)との間に3人の子供を持つ菊池弘子(仮名・53歳)。結婚後、優しかった夫にDVの兆候が表れ始め、生き地獄のような家庭生活から逃避するように、PTA会長の稲田浩平(仮名)と不倫関係に陥った。

<前編はこちらから>

出会い系で知り合った男に「心」を求めて

 浩平と破局した後、弘子はインターネットの出会い系にハマり、そこで次の不倫相手を見つけることとなる。牢獄のような家庭生活から一瞬でも逃れられたらとの思いで、弘子は自分の「心」を満たしてくれる相手を求めていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >