2017/09/26 17:00

タモリ、主催するヨットレースは「サングラス」必須で内田恭子もタモリ化

船上から出場者を見送るタモリ。右は大会の司会を務めた内田恭子。ちなみに出場者のドレスコードは毎年サングラスだ
船上から出場者を見送るタモリ。右は大会の司会を務めた内田恭子。ちなみに出場者のドレスコードは毎年サングラスだ

踊ったり、自分で歌ったり、いつも以上にノリノリでしたね(笑)」(レースの参加者)

 9月9日に横浜で行われた、自称“日本一楽しいヨットレース”『タモリカップ』。立ち上げたのは、大会名誉会長であり、名を冠されたタモリだ。

 参加者のドレスコードは毎年「サングラス」ということもあって、今大会の司会者・内田恭子もタモリの横でサングラス着用のまま進行をつとめた。

「タモリカップは'08年から場所を変えつつ毎年開催されています。タモリさんはレースには参加しませんが、船上から出場者を見送っています。今年は“何かあったら自衛隊がついてます!”と冗談を言ったり、楽しそうでしたよ」(前出・レースの参加者)

 レースの後には、毎年パーティーが開催される。タモリ自身がタレの味を決めているバーベキューや彼と縁のあるバンドのライブ演奏など盛りだくさん。冒頭はライブを楽しむタモリの姿だ。

タモリさんと仲のいいサルサバンド『オルケスタ・デ・ラ・ルス』のライブでは、彼も一緒に打楽器を演奏して観客を煽っていました。ライブ前も、裏でバンドメンバーと円陣を組んだり、出場者を楽しませようという並々ならぬ気合を感じましたね」(タモリカップ関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >