----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/10/03 17:00

缶詰は古いほうがおいしい!? カンタン&栄養たっぷり「缶熟」味わい術

製造後のツナ缶の変化
製造後のツナ缶の変化

「下ごしらえいらず」「旬のおいしさをいつでも」「栄養たっぷり」。これらを全部かなえてくれるのが、実は缶詰なんです。知られざる缶詰の魅力をご紹介します!

《缶詰は古いほうがおいしい!?》

 ただの「非常食」ではなく、おいしい「日常食」としての魅力が注目を集めている缶詰。その缶詰がなんと、“熟成”することをご存じですか?

 最先端の科学とユニークな実験で、日常の疑問を徹底調査するNHKの人気番組『ガッテン!』では、缶詰のひと味違った楽しみ方をご紹介しました。

 缶詰は、具材と調味液を入れて密閉し、缶ごと高温加熱して作るのが一般的です。製造直後から具材と調味液がなじみ始め、その後は時間とともに少しずつ調味液がしみこんでいきます。

 ツナなどの魚介類の缶詰は特にこの傾向が強く、時間がたつほど味がしみて、まろやかになるのです。

 高温・高圧で加熱しているので、中の雑菌は全滅。腐ることなく“熟成”できる、缶詰ならではのこの変化を、缶詰業界では「缶熟」と呼び、おいしさのひとつの目安として考えられています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >