2017/11/12 22:00

不倫相手は妻と9年セックスレス「離婚は望んでなかったのに」――理沙の場合〈下〉

理沙。おっとりした話し方と、上目遣いの瞳が可愛らしい。
理沙。おっとりした話し方と、上目遣いの瞳が可愛らしい。
世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、様々な難題がのしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。(ノンフィクション・ライター 菅野久美子)

「家庭内別居」の彼を落としたい

 今回紹介するのは、職場の上司で8歳年上の戸田豊(仮名/43歳)と不倫関係にある斎藤理沙(仮名/独身・35歳)。2人が付き合い始める前、異業種から転職して右も左もわからない理沙に、手取り足取り丁寧に教えてくれたのが豊であった。老若男女、誰からも好かれる明るくて優しい性格の豊に、理沙が心奪われるのに時間は多くはかからなかった。

<前編はコチラから>

 理沙の中で、徐々に「何としても彼を落としたい」という感情が芽生えていった。理沙は、ある日、豊を人気のないコンビニの駐車場に誘い出した。そこで、豊の車に突然乗り込むと、自分から手を繋いで、軽くキスをした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >