2017/11/23 12:00

井浦新、2児の父としての顔「家族とは一緒にいるだけでも幸せなんです」

井浦新 撮影/廣瀬靖士
井浦新 撮影/廣瀬靖士

「どこにいても居心地の悪さはまったく感じないですね。むしろ居心地の悪いところに飛び込んでいきたいタイプ。そういう場こそ、力をつけさせてもらえるという発想なんで」

 大学在学中にスカウトされ、モデルとしてデビュー。その後、映画『ワンダフルライフ』でいきなり主演を務め、唯一無二の存在としてメジャー作品からメッセージ性の強い作品まで引っ張りダコの井浦新(43)。最新作である主演映画『光』では、東京の離島で閉塞感を感じながら日々を過ごしていた少年の25年後を演じている。

役者志望でこの世界に入ってきたわけではなかったので、最初は演技の仕事は記念のつもりぐらいでやっていたんです。だから俳優という立場に自分の気持ちが追いつけなかったという意味では、閉塞感に近いものはありました。

 始めたばかりのころは、芸能という仕事を知らなすぎて違和感があったというか。例えば、作品を撮り終わったあとに、こうして宣伝活動をするということも想像もつかなかったですし。もちろん作品に出させていただいた喜びや感動もあったけど、自分の居場所はここではないんじゃないかな、って思った時期もありました

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >