2017/11/23 20:00

花田優一、父・貴乃花親方への想いと靴職人として生きる道

花田優一 撮影/降旗利江
花田優一 撮影/降旗利江

 あの偉大な父を持つ彼が、世間に生粋に物申す!

 “平成の大横綱”の長男として、生まれたときから特別な立場にいた彼が、靴職人という道を選んだ。その選択にあっと驚かされた世間に対し、再び衝撃が!? 父親のこと、結婚、職人として……。そのルックスとは相反した骨太な本懐とは─。

「もう、籠もりっきりなんです。ここ2日くらい、工房で寝泊まりしていて(苦笑)」

 取材現場にやって来た花田優一(22)の指先は靴作りの工程で使う薬品や染料で黒く染まっており、仕事の直後であることが容易にうかがえる。

 日本中の誰もが知る有名人の父、“平成の大横綱”貴乃花(現・貴乃花親方)、元フジテレビアナウンサーの母・景子さん、それぞれの面影が宿るその顔には若さでもカバーしきれない疲れが時折、垣間見える。

 それもそのはず。イタリア・フィレンツェでの修業を終え、2015年から靴職人として独立した花田の作る完全オーダーメードの靴にはオファーが殺到中。納品までに約1年半待ちという状況だという。さらには、8月に本格的に芸能活動もスタートさせた彼だが、今月17日には著書『生粋』を発表した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >