2017/12/01 16:30

櫻井翔パパが電通執行役員に! 華麗なるファミリーの結束力がスゴい

偉大すぎる父の背中('16年3月8日撮影)
偉大すぎる父の背中('16年3月8日撮影)

 嵐の櫻井翔の父親である桜井俊氏が来年1月、広告代理店『電通』の執行役員に就任するという。

 桜井氏と言えば総務省の事務次官を務めていたエリート官僚。翔の父親であることが知られてからは『櫻井パパ』のあだ名で呼ばれ、一官僚であるにもかかわらず知名度は急上昇。'16年の東京都知事選出馬が取りざたされたこともあった。

 そんな有名人となった桜井氏の“天下り”先が注目されたが、行先は三井住友信託銀行だった。退官後の昨年9月に顧問に就任。

 それからわずか1年での“転職”に様々な憶測が飛び交っている。

三井信託の顧問に就任することが決まったとき、疑問に思う人も多かったです。銀行に天下りと言えば、普通は財務省や金融庁からです。

 総務省の幹部が民間銀行に天下りするのは異例なことです。今回の執行役員就任で、“なるほど”と思った人は多いでしょう」(経済部記者)

 どういうことかと言うと、

「桜井さんは総務省時代に情報・通信行政を担当していました。関連業界への露骨な“天下り”と取られないように、一旦クッションを置いたということでしょうね。あまり意味はなかったと思いますが、顧問は辞めるそうです」(広告代理店関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >