2017/12/09 18:00

M1勝者・とろサーモン “クズキャラ”生かして「お正月によく見た顔」になるか

13代目チャンピオンに輝いた、とろサーモン(左・村田秀亮、右・久保田かずのぶ)
13代目チャンピオンに輝いた、とろサーモン(左・村田秀亮、右・久保田かずのぶ)

 12月3日に開催された『M-1グランプリ2017』。4094組の頂点となる13代目チャンピオンに輝いたのは、結成15年目のラストイヤーでの初の決勝進出を果たしたコンビ、とろサーモン(村田秀亮・久保田かずのぶ)だった。

「決勝に進出した中に、彼らがいたことにまず驚きました。特に久保田さんは、“ゲスキャラ”“クズキャラ”として、その人間性のほうが実際のネタよりも知られていたかもしれません。それだけに、どんな戦い方をしてくれるんだろうというワクワク感もありました。そして優勝ということで、二重の驚きです」

 と、ある芸能記者は言う。

 決勝に進出した8組の中から、最終決戦に残ったのは、彼らと和牛ミキの3組だった。

「和牛とミキは、ともに正統派の漫才。いっぽうでとろサーモンは、ちょっとシュールなところもあるネタ。3組で票が割れれば、とろサーモンにもチャンスが……なんて思っていたら、審査員7名中4名がとろサーモンに入れるという文句なしでの優勝でした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >