2018/01/16 04:00

星野仙一さんが愛した2人の女性と、500万円かけて祓ったあの人の “生き霊”

1月4日に亡くなった星野仙一さん
1月4日に亡くなった星野仙一さん

 “燃える男”として楽天をはじめ、北京オリンピック日本代表の監督にもなった星野仙一さんが、1月4日にすい臓がんのため、この世を去った。

20年来の友人にも知らせず

 昨年12月1日には大阪で自身の野球殿堂入りを祝うパーティーが行われていたほど。これが最後の公の場だった。

「11月28日にも東京で殿堂入りを祝うパーティーがあり、メジャーリーグで活躍する田中将大選手も駆けつけるなど、とても盛大な会でした。監督も終始ごきげんでしたが、いま思えば少し顔がほっそりしていましたね。ただ、元気に壇上で話をしていらしたので、まさかこんなにすぐ亡くなるとは……」(プロ野球関係者)

 星野さんが闘病中だったことは、家族と楽天球団のごく一部の幹部しか知らなかったという。20年来の友人である不動産会社経営者である高山右近氏にも、それは知らされていなかった。

「水くさいなって……。“女性がいる部屋にまで入ったのは、お前だけじゃ”って仙ちゃんは言ってたのに、知らせてくれないなんて……。最後に話したのは昨年11月くらい。仙ちゃんが福岡にいるって言ってて、私が岡山に行ってたもんだから、“そっちに行こうか? 中洲に飲みにでも出ようか?”って話したら、“忙しいけどのお”って言うんで、それで行かんかったのよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >