2018/03/03 16:00

植田圭輔、売れっ子舞台俳優の胸の内「今年は立ち向かう年。逃げずに闘いたいです」

植田圭輔 撮影/森田晃博
植田圭輔 撮影/森田晃博

 畠中恵原作の大人気時代小説『しゃばけ』シリーズ15周年を記念して、’17 年に第1作が上演され、世界観を歌とダンスで見事に表現し話題を集めたミュージカル『しゃばけ』。その第3弾が、4月から上演される。主人公の一太郎は、引き続き病弱な若だんなを好演した植田圭輔さんが演じる。昨年も11本の舞台に出演した売れっ子に、作品の魅力やデビュー11年目を迎えた’18 年の抱負などを聞いた。

今年は久しぶりに5日間の正月休みをもらいました。もっと頑張るからって(笑)。休み中には『王室教師ハイネ』のメインキャスト(安里勇哉、安達勇人、廣瀬大介、蒼井翔太)全員そろって、茨城に日帰り旅行に行きました。いばらき大使の勇人の案内で茨城をひたすら巡って。初詣行って、温泉行って、あんこう鍋食べて。めちゃくちゃ最高でしたね。あとは中村誠治郎さんといました(笑)。誠治郎さんとは、僕のデビュー舞台『少年陰陽師〈歌絵巻〉』から10年来の付き合いで、もう家族って感じなので

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >