2018/04/18 16:00

のん、元所属事務所から『能年玲奈』の名が削除されるも「まだ決着ついていない」

都内の飲食店で食事中ののんと「生ゴミ先生」
都内の飲食店で食事中ののんと「生ゴミ先生」

 ロングランを記録しているアニメ映画『この世界の片隅に』が今年夏、実写版の連続ドラマとして放送されるという。どこのテレビ局になるか、主人公の『すず』を誰が演じるのか、まだ正式発表はされていないが、TBSの『日曜劇場』の枠で、主演は松本穂香になると一部週刊誌が報じている。

 だが、アニメファンのあいだで主演にと、熱望されているのは松本ではない。'16年11月に封切られた、アニメ版で『すず』の声を担当していたのん(能年玲奈)なのだ。

「彼女は『すず』のイメージにぴったりだったんです。また“演技”も高い評価を得、お陰で映画がヒットしました。そのためドラマも彼女でやってもらいたいという声が多いですね」(テレビ局関係者)

 それならば、のんが主演するのが一番だと思われるのだが、

'15年4月に例の“独立騒動”が勃発しました。結局、'16年7月に独立して個人事務所を立ち上げましたが、円満に独立することができず、元事務所との確執はまだ続いています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >