2018/05/02 12:00

山口達也メンバーのわいせつ事件で見えた「ジャニーズ帝国」の劣化と落日

会見時にジャニーズ事務所が配った、被害者の保護者とT0KIOのメンバーのコメント
会見時にジャニーズ事務所が配った、被害者の保護者とT0KIOのメンバーのコメント

 オフィス北野のお家騒動もフリーアナウンサーの夏目三久が放ったセクハラ過去の告白も、週刊誌記者の合併号休みも吹き飛ばしたジャニーズタレント、TOKIO山口達也メンバー(46)による強制わいせつ事件。

 一連の対処の中で明白になったのは、ジャニーズ事務所の時代を読めなくなった劣化だ。今までこんなことはなかった。

「考えてみれば、今の時代に、80代の人間が牛耳っている組織ですよ。それは対応できませんよ」

 と同業のプロダクション幹部は突き放す。

 ジャニー喜多川氏とメリー喜多川氏の二人三脚で帝国を築いてきたが、過去、どんな帝国も永遠だった試しはない。やがて落日は来る。その始まりが今回なのかどうかは、いずれ歴史がきちんと証明する。

 ひとつの文書に注目する。

 事件が明らかになった直後、ジャニーズ事務所が報道機関に送ったというか送り付けた文章がある。短文なので、全文掲載する。

【報道関係各位 お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました。2018年4月25日 ジャニーズ事務所】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >