2018/05/18 04:00

シルク、相方の死と顔面麻痺のどん底から「よしもとの美容番長」への復活劇

シルク 撮影/山田智絵
シルク 撮影/山田智絵

相方のミヤコは私にとって身体半分くらいの存在。嫌いなところがひとつもないくらい気が合っていました。幼稚園から小中高大と一緒の大親友ですから。

 私は卒業後、教師になるのが決まっていたんだけど、あの子が“吉本新喜劇で女優をやろうかな”と言い出したので、ここで道が別々になるのは嫌だなと。私から“漫才だったら2人でできるよ”と誘ったんです」

突然すぎる相方の死

 うわさ年齢60歳とは思えない美しい肌と、艶やかな笑顔を維持し続けているシルク。多くの女性から支持を集め、“よしもとの美容番長”としても知られているが、かつては漫才コンビ『非常階段』として上方漫才大賞や花王名人大賞の新人賞を受賞。将来を嘱望される漫才師だった─。

「劇場でも“姉さん”と呼ばれ始め、レギュラーの番組も5、6本やらせてもらって。これからもずっと漫才をやって生きていくんだな……と信じ切っていたとき、相方の肺がんが発覚したんです」

 進行は早く、告知から半年後、ミヤコは37歳という若さで逝ってしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >