2018/06/13 12:00

安藤サクラの家族観「自分の心の中で家族だと思う人がいれば、それはもう家族」

安藤サクラ 撮影/佐藤靖彦
安藤サクラ 撮影/佐藤靖彦

お話をいただいたとき、本当にびっくりしました。是枝監督の作品は、すごく生々しいけど、美しい女性の方が演じられているイメージがあったので、“え? わ、私!?”って(笑)

 カンヌ国際映画祭にて、最高賞であるパルムドール賞を受賞した映画『万引き家族』(TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開中)。安藤サクラ(32)は母親として、妻として、家族を支える柴田信代を演じる。

「ずっと信頼していて、可愛がってくださっている先輩方が、是枝監督の作品によく参加されている方が多くて。私もついに、是枝組の現場に入ることができるのかと、とても楽しみにしていました」

 実際に撮影が始まり、“是枝組”の独特の空気を肌で感じたと語る。

普段の撮影は、カチンコが鳴ったら急に空気の粒子が変化して、異空間にいるような感覚になるんです。でもそれが今回、全然なくて。川で獲ったお魚を、水道水の入った水槽にドボンッて入れるのではなく、川の環境をそのまま水槽に移したような感じに似ていて。普段生活している呼吸のリズムのまま、撮影に臨めるんです。だから私は、ごちゃごちゃ考えすぎるのではなく、ただひたすらに毎日おおらかな気持ちで、現場へ“家族”に会いに行っていただけな気がします」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >