2018/06/21 12:00

峯田和伸が「音楽だけやっててほしい」の声があっても役者をやる理由

峯田和伸 撮影/廣瀬靖士
峯田和伸 撮影/廣瀬靖士

僕の肩書はあくまでも“歌手”。それは昔も今も変わりません。“お芝居やらないで、音楽だけやっててほしい”って声もけっこう多いみたいで。でもその気持ち、すごいわかる。僕も昔好きだった人がお芝居をやっちゃって、歌だけやっててほしいって思ってましたから

 昨年の朝ドラ『ひよっこ』に出演し、来月放送開始のドラマ『高嶺の花』では石原さとみの相手役に、2019年の大河ドラマにも出演予定と、役者としての活躍も目覚ましい銀杏BOYZの峯田和伸(40)。

 一部のファンからの反発を買いながらも役者をやる意味を問うと、“誘われたから”と答え、故郷の山形弁なまりで言葉を続ける。

自分からやろうと思って始めたことではなくて、オーディションを受けたこともないんです。それをやったら俳優になっちゃうから。僕は歌手。年間スケジュールもまずはツアーとかレコーディングとか、基本的には歌手としての仕事が優先です

 音楽活動に加えて役者業。まさに“二刀流”な峯田だが、次に出演する沢尻エリカ主演の映画『猫は抱くもの』では、主人公の心を変えていく画家役として新たな魅力を発揮している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >