2017/05/16 12:53

5バージョンが存在する『ブレードランナー』 異なるエンディングが示唆するもの

太田出版ケトルニュース
太田出版ケトルニュース

SF映画の金字塔といわれる『ブレードランナー』。熱狂的ファンでなくても「1度は観たことがある」という人も多いでしょうが、その際に話題になるのが「自分はどのバージョンを見たのか」という問題。実は同作には5つの異なるバージョンが存在し、それぞれの持つニュアンスが微妙に異なっています。 

まず5つのバージョンのうち、大きく違うのがエンディング。1982年にアメリカ国内で公開された「オリジナル版」と海外公開用に編集された「インターナショナル劇場版」(日本で同作を公開時に観た人は、この「インターナショナル劇場版」を観ている可能性高し)の両作では、デッカードとレイチェルが大自然を車で疾走するラストシーンが印象的。

さらに、「レイチェルは特別なレプリカントだから寿命は限られていない」「ガフは彼女を見逃した」などというデッカードのモノローグが添えられることで、2人がそのまま逃げ切って幸せになるのでは……と思わせるハッピーエンド風な結末になっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >