2017/09/26 09:57

我々もゾンビになる? 体内に「死後に目覚める遺伝子」が存在

太田出版ケトルニュース
太田出版ケトルニュース

「死者が蘇り、生きた人間たちを襲い、食い尽くしていく」──そんな過酷な世界を描くゾンビ作品が今、日本中で大人気となっています。ハロウィンのコスチュームでもゾンビは大人気ですが、実は仮装などしなくても、我々の体内には”ゾンビ的な要素”があるのです。

2016年6月、科学雑誌『Science』に、ワシントン大学の微生物学者ピーター・ノーブル氏たちが「ゾンビ遺伝子」を発見したというプレスリリースが発表されました。人を含む生き物の体内には、肉体が死を迎えたあとに目覚める遺伝子があるというのです。なんと魚のケースでは、死後4日たってもこの遺伝子は活性化したままだったそうです。

この「ゾンビ遺伝子」はたとえば、炎症を促進させたり、ストレスを和らげたりするはたらきを持っていたほか、生まれたあとには必要のないはずの、胚の形成に役立つものも。また、ガンを促進する遺伝子が活発になることも発見され、ノーブル氏は死亡した人から移植を受けた人のガン発症リスクが高くなる現象の理由になるとしています。私たちの体にはゾンビ的な遺伝子がいる。これは衝撃的な事実です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >