2017/12/20 12:59

父はスパイ、母はアヘンの売人 ジャッキー・チェンの劇的すぎる生誕の秘密

さて、ここで話題はジャッキーの本名に関することに戻ってきます。父親はスパイとして身を隠していたわけですから、当然偽名を使っていました。それが陳志平。だから息子にも、「陳」の姓を名乗らせていたわけです。

初めて明らかにされた父親の本名は房道龍。「陳(チャン)」ではなく「房(ファン)」姓でした。ジャッキーの家系図上の本名も、実は「陳港生」ではなく、「房仕龍」(ファン・シーロン)だったのです。こうした真実がわかってから数年後、ジャッキーは2人の兄と、房家の親戚たちに会うことができました。「感慨深いものがあった」と振り返っています。

衝撃的な告白をした両親は、どちらもすでに亡くなりました。しかしジャッキーは最初こそ混乱したものの、今は真実を明かしてくれたことに感謝し、「あの時代には、似たような物語は多くあったことは、想像できる。彼らの息子になれて、ほんとに幸運だ」と自伝に綴っています。

◆ケトル VOL.40(2017年12月14日発売)

【関連リンク】
ケトル VOL.40

【関連記事】
アジアに広がる三国志の輪 中国・韓国・タイでもブームに
懐かしの文具「ロケット鉛筆」は今でも買えるのか?
黒柳徹子 「ボスニアでスパイ容疑で逮捕」事件の真相
神対応過ぎるジャッキー・チェン ファンサービス伝説を紹介

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >