2018/04/10 09:12

『北の国から』の「ルールルルル」はどうやって生まれた?

なぜ「ルールルルル」だったのか
なぜ「ルールルルル」だったのか

人気長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』は3月に終了してしまいましたが、その終盤に『北の国から』をパロディ化した「北の国からコント」の復活が実現。本編で“シュウ”を演じる宮沢りえが出演して話題になりました。同番組では何度も『北の国から』がコント化されましたが、コントでしばしば使われたのが、螢(中嶋朋子)がキタキツネを呼ぶ「ルールルルル」という呼び方。とても耳に残る「ルールルルルル」という呼び方はどうして生まれたのでしょうか?

実はこれは、脚本家の倉本聰さんが富良野に移住したばかりの頃、自宅の周りに集まってきた野生動物に呼びかける際、なんとなく口にしていたフレーズ。ちなみに、このとき倉本さんの自宅に来ていたキタキツネは、ドラマの展開と同様にトラバサミに脚を挟まれ、三本脚になってしまいました。しかも人間をすっかり警戒して姿を見せなくなりました。
 
2年後、ドラマの撮影が始まったばかりの頃、このキツネが撮影中だったクルーの前に現れます。その瞬間、倉本さんは田中邦衛さんたちがキタキツネと触れ合う姿を撮影するように指示。連続ドラマの最終回につながるキタキツネをめぐる展開を、頭の中で一気に組み立てたそうです。

実際、その映像は最終回に使われました。ただし1年半かかった撮影の初期の出来事だったため、成長期だった純と螢はぐっと背が伸びてしまい、その場面だけ背丈が以前の小さいままになっているのでした。なお、こんなにかわいいと触りたくなるのも仕方なく思えますが、噛まれることが珍しくないので、くれぐれもご注意を。

◆ケトル VOL.41(2018年2月14日発売)

【関連リンク】
ケトル VOL.41

【関連記事】
『北の国から』で純は「…なわけで」を何回使ったか数えてみた
「最近のTVはつまらない」説に所ジョージ「昔は良かったとか言ってるんじゃない」
黒柳徹子 駆け出し時代の彼女を支えた恩師の言葉
「北の国から」で純と父・五郎はなぜ丁寧語で話す? その意外なモデル

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >