2018/05/29 08:09

がらくたロボット・ヤマモトダイジロウ 「この瞬間のリアルを歌っていきたい」

『Quick Japan』vol.137 (太田出版)
『Quick Japan』vol.137 (太田出版)

神戸の3ピースロックバンド「がらくたロボット」が、ファーストフルアルバム『ツキノアリカ』を4月25日にリリースした。オーセンティックなロックンロールを聞かせる彼らは、一体どんな音楽観の持ち主なのか? バンドのボーカル・ギターにして、作詞作曲を手がけるヤマモトダイジロウは、2018年4月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.137で、こう語っている。

「最初に好きになったっていう意味では、それこそThe Who のピート・タウンゼントかもしれん。ただ、もちろん好きなミュージシャンはいっぱいおるけど、それ以上に『自分はどうしたいのか』っていう気持ちのほうが俺は強いんですよね。誰かにあこがれるというよりは、『なりたい自分』が常にあったし、そもそも俺は音楽がすべてじゃないと思ってるんで」

最初は中学校の友達とバンドを始め、「飽き性なのになぜかギターだけは続いてる」と語るヤマモト。バンドマンの中には、憧れの人物をひたすら真似したり、“ロックスターになること”が目的の者も少なくないが、ヤマモトが目指すのは、そういったところではないようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >