2018/11/14 07:00

『国際有機農業映画祭』でトマト缶の裏側を描く「トマト帝国」日本初上映

国際有機農業映画祭は11月18日開催(画像は公式サイトのスクリーンショットです)
国際有機農業映画祭は11月18日開催(画像は公式サイトのスクリーンショットです)
11月18日(日)、東京・市ヶ谷の法政大学市ヶ谷キャンパスにて、『国際有機農業映画祭』が開催される。

『国際有機農業映画祭』は2007年に第1回が開催され、今年が12回目。有機農業をさらに推進拡大させるための一助として、有機農業に関係する優れたドキュメンタリー作品を紹介するためにスタートしたこの映画祭は、単に有機農業や食の安全といった問題のみにとどまらず、自然と人との関係の在り方やそれを支える価値観、社会のつくり方といったといったところまで視野を広げ、“思想としての有機農業”を考える構成をめざしている。

今年度は、トマト缶の生産と流通の裏側を暴き、フランスでもっとも権威あるジャーナリズム賞「アルベール・ロンドル賞」を受賞した『トマト缶の黒い真実』(ジャン=バティスト・マレ・著 田中裕子・訳/太田出版)をドキュメンタリー化した『トマト帝国』の日本初上映が実現。YouTubeでは、著者のジャン=バティスト・マレのインタビューと予告動画が公開されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >