2019/02/22 10:02

伊丹十三さん 映画監督としての素地を作った俳優時代の業績

しかし翌年、日本映画界の巨匠・市川崑さんが監督を務めた『黒い十人の女』への出演を最後に、伊丹さんは大映を退社。そしてすぐに『理由なき反抗』などの監督を務めたニコラス・レイがメガホンを取った『北京の55日』に出演するために、ヨーロッパへと旅立ちます。ちなみに、この時に見聞したものを帰国後にまとめたのが、稀代のエッセイ集『ヨーロッパ退屈日記』になりました。

1963年11月。『北京の55日』が公開された直後、伊丹さんはロンドンでスクリーンテストを受けていました。リチャード・ブルックス監督の『ロード・ジム』に出演するためです。ここで伊丹さんは、流暢な英語を話す日本人俳優(しかも、大柄!)として注目を集めることになり、見事に出演の切符を手に入れることに成功。すぐさまカンボジアでロケが行われました。

この『ロード・ジム』が公開されたのは、それから2年後の1965年。この年に伊丹さんは、人生初となるテレビドラマにも出演します。後に妻となる宮本信子さんと初共演を果たした「あしたの家族」を皮切りに、「源氏物語」では主役の光源氏役を務めることに。一気に活躍の場を広げました。

その後も伊丹さんは、数々の作品にキャスティングされます。中でも1983年、50歳の年に出演した『細雪』『家族ゲーム』『居酒屋兆治』での演技は、俳優としての到達点との呼び声も。この年、伊丹さんはキネマ旬報賞助演男優賞や報知映画賞助演男優賞を受賞。その評価を不動のものにしました。

◆ケトルVOL.47(2019年2月15日発売)

【関連リンク】
ケトルVOL.47-太田出版

【関連記事】
20世紀SF映画の金字塔『ブレードランナー』はどのように生まれた?
日本アニメの金字塔『AKIRA』 世界中にフォロワーを生んだ細かすぎるこだわり
「BTTF Part1」の行き先が1955年だった深い理由
PC使わぬウディ・アレン監督 コピペはハサミとホッチキスで処理

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則正しい生活習慣を身につけると、生活が安定するよ。悪いク...もっと見る >