2019/03/03 07:00

宮本信子が伊丹十三との出会いを回顧「第一印象は”異質”」

そして「この時は結婚するなんて思っていなかった」と笑いを交えながら語ってくださった宮本さん。伊丹さんは1997年に亡くなってしまいましたが、2007年にオープンした「伊丹十三記念館」について尋ねられた宮本さんは、

「伊丹十三がどういう人間だったのかを知ってもらいたいんです。こんな面白いおじさんがいたんだよ、こんな面白い映画があったんだよって。そして、ここに訪れていただいたことをきっかけに、あらためて本を読んでみたいとか、再び映画を観てみたいかと思っていただければなって。そういう場所にしたかったんです。おかげさまで近頃は若い方たちもいらしてくださって、それが何よりも嬉しいです」

と、語っており(宮本さんは同館の館長も務めている)、夫の伊丹さんへの愛情は今も変わっていないようです。

◆ケトルVOL.47(2019年2月15日発売)

【関連リンク】
ケトルVOL.47-太田出版

【関連記事】
完璧主義者だった伊丹十三監督 撮影現場で貫かれた尋常ならざるこだわり伝説
椎名誠や重松清も魅了 伊丹十三の機知に富んだエッセイの魅力
周防正行監督が語る伊丹十三監督の凄み 「狭く撮る」の極意
伊丹十三さん 映画監督としての素地を作った俳優時代の業績

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >